自己紹介の続きです。

これまた、やっぱり恥ずかしいですが、これが私。

 

◆社会人~現在◆

初めての就職先は、人間関係に恵まれたのもあり、とても働きやすい環境でした。

結婚し、娘2人の産休育休をいただき、復帰後もいろいろと配慮してもらえて

そのおかげでずっと続けることができました。

ワーママは皆そうだと思いますが、時間的余裕のなさから、

イライラしたりストレスが溜まったりする事があっても、平和な日々を過ごしていました。

ところが、数年前の春。

人生最大のショックな出来事は突然やってきました。

「リストラ」

「検査科解体」

医療業界も経済的に厳しい状況なのですが、病院の中で最も切りやすい場所が検査科です。

法的な縛りが無いので、外注化が簡単なんです。

結局、私はそのまま病院に残ることになりました。

しかし、長年お世話になってきた上司と同僚は去ることになりました。

そこからの新体制に移るまでの3ヶ月は、今でも心がギューッと苦しくなる辛いものでした。

不本意ながら去る者と、ほぼ運だけで残ることになった私。。。

そして、一度芽生えた経営陣への不信感。

これは中々拭う事は出来ません。

働きながら、どんどんモヤモヤ。

この仕事に意味があるのだろうか。

何故、私はここにいるのだろうか。

夜間診療で帰宅時間か遅くなるのも嫌でした。

そんなある時、バケツをひっくり返したような大雨の日。

偶然訪れたアコズマジックの片山あこさんとの思いがけない時間。

時間でいうとたったの30〜40分だったと思います。

その時、聞けたお話、話せた自分の想い。

肚の声が聞こえました。(この時の詳しい話は別記事で)

そして

「19年勤めた場を離れる」

そう決めたら、心もスッキリ、顔も晴れ晴れ。

私は、自分の気持ちに正直に生きる事を選びました。

好きな事、楽しいこと、ワクワクする事を大事に暮らし始めると

沢山の大切な人との出会いがあり

沢山の学びがあり

沢山の気づきももらえ

どんどん、どんどん心が満たされていく。

そこには、大好きなメモリーオイルも絡んでくるのですが、

その話は別編で^_^。

そして、秋からまた臨床検査技師として復帰することとなりました。

フルタイムではなく、パートで。

これも肚の声。

一度しかない人生、明日死んでも後悔しない生き方をしたいと思っています。

 

1996年 臨床検査技師として病院勤務

1998年 結婚

2004年 1姫誕生 産休育休取得

2005年 仕事復帰

2007年 2姫誕生 産休育休取得

2008年 仕事復帰

2015年春 メモリーオイルと出会う

2015年末 19年9ヶ月勤めた病院を退職

2016.9  新しい病院勤務

自分の好き楽しいを大切に生きています。