悩んで悩んで、私のだした結論は。。。

仕事を辞める!!
心のままに生きる!!

というものでした。

そしてそこから、自分とさらに向き合うことを始めます。

仕事を辞め、自由になった私は毎日楽しく過ごしました。

やってみたい事がたくさんあったので、いろんな事をやってみました。

でも、ちょいちょいでてくる、

『どうせ私なんて。。。』

これがなかなか厄介者でして。

その背景には昔から抱えているコンプレックスが関わってくるんですが
何かうまくいかないと、あぁ やっぱり私なんてね。。。と考えてばかり。

こちらの記事でも書きましたが、そんな私が変わるきっかけになったのが写真です。

311E849D-2685-4158-8DDE-BB24A923EDF1

自撮り。たくさん練習しました!

写真を通して、『意外とイイ』に注目できるようになったのですが、
それと同時に自分と向き合うということをしていきました。

正直これがなかなかしんどい事でした。

こう見えてなかなかの完璧主義だった私。
他人にも自分にも厳しく、いろいろと目に付いてしまうんです。

特にダメなところが、気になって仕方がないので、
一つでもダメなところがあると、
ぜーーーーんぶダメ。って思ってしまう。
例え9割が良いことでも、それが無いことになってる感じです。

それでは自分自身もですが、まわりも苦しいですよね。。。

だから、訓練しました。
(片山 あこさん、斎藤 亮完さん、ありがとうございます♥)

毎日、毎日、自分に丸をつける特訓です。

どんな小さな事でも、〇付けします。

今日も朝起きた。
家族も生きてる。
朝食、美味しかった。
地下鉄、座れた。
お釣りが新札だった。
紅茶の香りが良かった。
テレビが面白かった。
お風呂が気持ちよかった。
お布団がぬくぬくだった。

などなど。

えっ?
それ当たり前じゃないっ?

ということもぜーーーーーんぶ〇なんです。

例えば、『寝坊した!!』

という、一見、✖な出来事。
これも、見方を変えると全然✖じゃなくなります。

最初は難しくても、訓練していくと
自然とどんな事にも〇を出せるようになっていきました。

毎日、当たり前なことにに丸をつけ、
✖を〇に変換していると、ある時大きなことに気づきました。

そのことに気づいたとき、
涙が次から次へと溢れてきて、止まらなかったのです。

続く。